AGAと遺伝の関係

AGAは遺伝するという認識は誰にもあると思いますが、実際には遺伝とどのような関係があるのでしょうか。よく父親が禿げていると自分のその遺伝でハゲる何て考えている人もいますが、父親が禿げているというだけでは自分も禿げるとは限りません。遺伝による影響は確かに大きいわけですが、遺伝だけの問題でもないのです。

AGAになってしまう可能性は親族の遺伝による影響と生活習慣やストレスによる影響があります。まず自分の父親だけではなく、母方の祖父や親戚の中で禿げている人がいないかを確かめてみましょう。父親が禿げていなくても親戚の中に禿げている人がいるならAGAになる可能性はあります。

遺伝だけではありません。生活の送り方にもAGAを引き起こす問題が隠れています。AGAは男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変換されてそれが毛根に作用し髪の毛の発育を止めてしまう事で起こります。遺伝の要素としてはジヒドロテストステロンに対する感受性の高さが影響しているわけですが、ジヒドロテストステロンは睡眠不足やストレスによっても作られます。そのため遺伝ですべてが決まっているということではないわけです。

薄毛での悩みを遺伝だから仕方がないと諦める必要はありません。遺伝以外の要因を理解して対策を立てていけば薄毛や抜け毛を防ぐことに繋がるのです。

AGAの検査方法

男性は薄毛や抜け毛による悩みを抱えやすく、AGAを実感している人は全国で800万近くいるとも言われています。額からM字に進行していくケースと頭頂部から進行していくケースがあり、頭頂部からの進行には自分でも気が付かないという事があり発見が遅れてしまうこともあります。

AGAになりやすいかどうかは遺伝子検査で調べる事ができます。遺伝子検査では男性ホルモンの感受性を調べることでAGAの発症率を知る事が出来ます。検査に必要なのは口内粘膜や毛髪で、専門機関では毛髪から、遺伝子検査キットの場合は口内粘膜から調べることができます。

AGAは進行具合を見るだけでも判別できそうな感じがしますが、脱毛症と言うのはAGAだけが原因となって発生するわけではありません。別の病気による脱毛症なのにAGAの治療をしても改善する事はできませんし、対策を行なっても意味がありません。正確にAGAであることを調べるためには遺伝子検査が必要になります。

遺伝子検査からその結果が出るまでには約1ヶ月程度の期間が必要になります。薄毛の治療は難しいと考えている人も沢山いますが、AGAは病院やクリニックで治すことができます。自力で治そうとするよりもまずは検査を受けて問題があるときにはそのまま治療に移ってしまう方法もありますよ。

AGAは遺伝する

AGAという言葉も一般的に知られるようになってきています。男性型脱毛症と呼ばれ、男性の薄毛や抜け毛の多くはAGAによって引き起こされています。AGAによる薄毛や抜け毛の可能性を秘めている人は全国で1200万人近くいると言われているため、約5人に1人は薄毛や抜け毛に悩まされる可能性を秘めているという計算になります。

AGAは遺伝するということが広く知られています。AGAは男性ホルモンの変異によって引き起こされます。男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変化するとそれが髪の毛を作る毛乳頭細胞と結合します。ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞と結合すると本来のヘアサイクルを乱してしまい発育を止めてしまいます。この状態になると髪の毛を作る事はできても細く短い産毛状態の時に成長が止まり受け落ちてしまうので、太くて長い髪の毛が育たなくなります。

遺伝子検査でAGAの可能性をあらかじめ調べる事ができます。遺伝するのはジヒドロテストステロンに対する感受性です。その感受性の高さを調べる事ができればAGAの可能性も知ることができるということです。感受性の高い人ほどジヒドロテストステロンの影響を髪の毛が受けやすくなり、薄毛や抜け毛の悩みも多くなるということになります。

簡単な検査で調べる事ができるため、早い段階で検査をしておくと将来に備える事ができます。もしも薄毛の悩みが出てきたとしても治療で治せるようになってきていますので悲観的になる必要はありませんよ。