AGAは遺伝する

AGAという言葉も一般的に知られるようになってきています。男性型脱毛症と呼ばれ、男性の薄毛や抜け毛の多くはAGAによって引き起こされています。AGAによる薄毛や抜け毛の可能性を秘めている人は全国で1200万人近くいると言われているため、約5人に1人は薄毛や抜け毛に悩まされる可能性を秘めているという計算になります。

AGAは遺伝するということが広く知られています。AGAは男性ホルモンの変異によって引き起こされます。男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変化するとそれが髪の毛を作る毛乳頭細胞と結合します。ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞と結合すると本来のヘアサイクルを乱してしまい発育を止めてしまいます。この状態になると髪の毛を作る事はできても細く短い産毛状態の時に成長が止まり受け落ちてしまうので、太くて長い髪の毛が育たなくなります。

遺伝子検査でAGAの可能性をあらかじめ調べる事ができます。遺伝するのはジヒドロテストステロンに対する感受性です。その感受性の高さを調べる事ができればAGAの可能性も知ることができるということです。感受性の高い人ほどジヒドロテストステロンの影響を髪の毛が受けやすくなり、薄毛や抜け毛の悩みも多くなるということになります。

簡単な検査で調べる事ができるため、早い段階で検査をしておくと将来に備える事ができます。もしも薄毛の悩みが出てきたとしても治療で治せるようになってきていますので悲観的になる必要はありませんよ。