男性は薄毛や抜け毛による悩みを抱えやすく、AGAを実感している人は全国で800万近くいるとも言われています。額からM字に進行していくケースと頭頂部から進行していくケースがあり、頭頂部からの進行には自分でも気が付かないという事があり発見が遅れてしまうこともあります。

AGAになりやすいかどうかは遺伝子検査で調べる事ができます。遺伝子検査では男性ホルモンの感受性を調べることでAGAの発症率を知る事が出来ます。検査に必要なのは口内粘膜や毛髪で、専門機関では毛髪から、遺伝子検査キットの場合は口内粘膜から調べることができます。

AGAは進行具合を見るだけでも判別できそうな感じがしますが、脱毛症と言うのはAGAだけが原因となって発生するわけではありません。別の病気による脱毛症なのにAGAの治療をしても改善する事はできませんし、対策を行なっても意味がありません。正確にAGAであることを調べるためには遺伝子検査が必要になります。

遺伝子検査からその結果が出るまでには約1ヶ月程度の期間が必要になります。薄毛の治療は難しいと考えている人も沢山いますが、AGAは病院やクリニックで治すことができます。自力で治そうとするよりもまずは検査を受けて問題があるときにはそのまま治療に移ってしまう方法もありますよ。