AGAは遺伝するという認識は誰にもあると思いますが、実際には遺伝とどのような関係があるのでしょうか。よく父親が禿げていると自分のその遺伝でハゲる何て考えている人もいますが、父親が禿げているというだけでは自分も禿げるとは限りません。遺伝による影響は確かに大きいわけですが、遺伝だけの問題でもないのです。

AGAになってしまう可能性は親族の遺伝による影響と生活習慣やストレスによる影響があります。まず自分の父親だけではなく、母方の祖父や親戚の中で禿げている人がいないかを確かめてみましょう。父親が禿げていなくても親戚の中に禿げている人がいるならAGAになる可能性はあります。

遺伝だけではありません。生活の送り方にもAGAを引き起こす問題が隠れています。AGAは男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変換されてそれが毛根に作用し髪の毛の発育を止めてしまう事で起こります。遺伝の要素としてはジヒドロテストステロンに対する感受性の高さが影響しているわけですが、ジヒドロテストステロンは睡眠不足やストレスによっても作られます。そのため遺伝ですべてが決まっているということではないわけです。

薄毛での悩みを遺伝だから仕方がないと諦める必要はありません。遺伝以外の要因を理解して対策を立てていけば薄毛や抜け毛を防ぐことに繋がるのです。